お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧

米粉は、新鮮さが一番!

10月12日から 陣田靖子(yasumin)先生の
米粉マイスター講座がスタートした。
d0099515_10254583.jpg

当店でも  米粉を製粉して販売していいたので、
陣田先生の講座に参加したかったが、日程が合わず
今回、参加できることになって とても楽しみにしていた。

この米粉マイスター講座は、陣田先生が米粉と出会い、
小麦製品を食べられないアレルギーの方の強い要望で、
米粉で作った美味しいパンやスイーツなどを食べさせてあげたい
という強い気持ちから 米粉との奮闘が始まり 研究研究を重ねた
6年間の先生の経験をこの講座で 全て教えて下さるという。

私が、マクロビオテイックをはじめて 新鮮さが一番ということを知り、
数年前から当店でも その新鮮さをこだわりたくて、インターネット通販でも、
ご注文を頂いてから 製粉して発送するという 方式をとり販売を始めた。

とても評判が良く、使って下さる方々は、甘くて美味しい!風味がいい!と
大変ご好評頂いている。

何たって、挽きたてだし、こんな挽きたてが購入できるところは、ほとんど無い!
と自負しながら、お客様に新鮮なものをご提供したいという 強い思いからスタート。

(少量づつの製粉は、手間がかかるが、美味しく新鮮なものを大事に!にという
強い思いから・・・)

今回の陣田先生のお話の中にも、「新鮮さが一番」とおっしゃっていた。

米粉は、お米を粉にしたもの。
やはり、粉にした状態から酸化が始まる。

玄米粉は、特に 胚芽など含んで油分が多いために 白い米粉より
酸化が早い。

米粉と小麦粉の大きな違いは、グルテンが含まれているか、いないかの違い。
米粉には、グルテンが含まない。

強力粉、中力粉、薄力粉と分けられているが、現在は、米粉は、ざっとひとくくり。
米粉にも、本来は、細かく分かれている。もち米とうるち米でも違う。
一般に米粉として売られているものは、うるち米。
ご飯として通常食べている米のこと。

現在、米粉は、一口に米粉と言われているが、それぞれの米粉によっても
お米の品種、水分量なども違うために 仕上がりが随分違うらしい。

陣田先生のレシピの水分量も 使用する米粉が違うので 水分量を
調整しなくては いけないようだ。

作る物によって、粉も特質に合わせて変えるとうまく作れるらしい。

某有名会社の焙煎してるり・・・米粉は、焙煎しているために 
ふっくらパンには、難しい様だ。
d0099515_10244848.jpg

授業の最後に、先生手作りの 米粉100%ブレッドを 持ってきて下さり、
ご試食させて頂いた。
とてもしっとりして、美味しかった。

これから先生のコツを教えて下さるということで、とても楽しみだ!


それでは、皆様ごきげんよう~♪


< 新鮮な挽きたて米粉を販売(ご注文後、製粉)>
      お米の山田屋   http://www.yamadayakome.co.jp  
     お問い合わせ info@yamadayakome.co.jp
      
    *HPには、玄米粉ですが、白い米粉も通販致します。
     何かリクエストがございましたら、お問い合わせ下さい。
by yamadayakome | 2009-10-14 10:28