お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:美味しいお米の保存方法( 2 )

雑穀の基礎知識、炊き方、レシピ作りなど学びませんか?
すぐに雑穀を手軽に使って料理を楽しめる様になります。***********************************************
◆【基礎からわかる】7月
はじめての美味しい雑穀レッスン
募集中!
日程:7月…7/11(木) ・ 7/13(土) 
    1時間:1講座目11:00~13:20 (雑穀軽食ランチ付)
     2講座目13:30~15:30 (雑穀試食・雑穀スイーツ付) 
詳細は、こちらをご覧下さい。

Milletcheオンラインショップ開設しました。NEW⇒ http://milletche.thebase.in
************************************************

皆様こんにちは♪
梅雨があけると、いよいよ本格的な暑さ到来ですね。

気温が上がってくると、お米の中に黒いものがモゾモゾとしはじめる時期になります。
これは、「コクゾウムシ」と言われ、名前の通り、穀物を食べます。

「購入時には、無かったのに~」と不思議に思いませんか?
お米の保管保存方法によって、これからの暑い時期は、全然違ってくるんですよ♪

そこで私共のお米屋さんでは、
***********************************************************
【美味しいお米をお客様にお届け出来る為に!】
【コクゾウムシが出ない為に!】

      ↓↓↓↓↓↓↓↓  
●毎週1回、社員全員で大掃除!…お店・精米工場・倉庫・精米機械の中まで!
●お米を低温倉庫に保管

d0099515_1536692.jpg

d0099515_15372897.jpg

***********************************************************
以上を続けています!

皆様がご購入後も、美味しくお米をお召し上がり頂くために、
美味しいお米の保存方法をお教えしちゃいますね♪

以前にご紹介したブログが、皆様に大変ご好評頂いてりますので、
下記URLをクリックしてご覧ください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<美味しいお米の保存方法>
http://yamadayakm.exblog.jp/5821362/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは、皆様ごきげんよう~♪
by yamadayakome | 2013-06-25 14:51 | 美味しいお米の保存方法
暑くなる季節、お米に虫が湧きやすくなる季節ですね。
気付くと、お米に小さな動く黒い虫が・・・・・!?
「購入した時は、無かったのに、どうして~?」なんて、ことありませんか?
これは、「コクゾウムシ」と言います。

「コクゾウムシ」
http://www.nfri.affrc.go.jp/yakudachi/gaichu/zukan/16.html

折角の美味しいお米を食べて頂くために、下記を参考にして下さいネ!

●「保管場所」
お米は、生鮮食品と考えてください。冷暗所の保存がいいですよ。
(高温多湿 だと虫が湧きやすく傷みやすいからです。)
一番良い方法は、購入したお米を全て冷蔵庫保存する事ですが、それは無理だと思いますので、半分くらいのお米を冷蔵庫へ入れ、残りのお米をを米びつへ入れると最後まで美味しく食べられます。
冷蔵庫へ入れる場合は、水分が飛ばない様に、空気を遮断できる「タッパーウエア」や、きれいに洗い乾燥させた「ペットボトル」などを利用すると便利です。

●「購入量kgの目安」
約1ヶ月以内で食べきる量
例えば、5kgを2~3ケ月で食べるご家庭は、2kg購入がいいですね。

●「米びつ」
お米が無くなってから、米びつの中を綺麗に拭いて補充するといいです。
必ず、お米の出口も忘れず、お掃除して下さい。
米びつのお掃除をしているのに、虫が湧くと言う場合は、出口の掃除を忘れている事が
殆どです。
年に1~2回位は、お掃除したいですね。

●「虫対策」
お米を入れる容器に‘鷹の爪(唐辛子)’を入れると虫除けになります。
出来れば、割れても良い様に‘鷹の爪’をガーゼの袋とかお茶入れの小袋なんかに入れると安心ですね。

●「もし、虫が湧いてしまった場合」
・・虫の取り除く方法

太陽の下で、紙やシートなどを敷いた上にお米を広げてください。そうすると、虫が逃げていきます。虫がいなくなったら、‘鷹の爪’などの虫除けを入れて冷暗所へ保管し早めに食べきりましょう。

●「玄米購入&田舎からや知人から玄米を頂いた場合」
最近は、玄米購入したり田舎から玄米を送ってもらっているご家庭がたくさんあります。折角、頂いたものなら美味しく頂きたいものですよね。

●「保存と精米」
白米で保存するより、玄米保存がいいんです。そして、一番のベスト方法は、食べる分づつ精米する方法です。でも、家庭精米機 がないと難しいですね。お店で精米してもらう場合は、1ヶ月で食べきる分を精米するのがいいですよ。

●「精米後の注意!Point ! 」
精米機によっては、玄米を精米した後、お米が温かい場合があります。
温かい場合は、必ず、完全に冷ましてから袋をとじたり米びつに入れましょう。
折角のお米が、カビたりして痛む原因になります。

●「虫が湧いたお米の精米」
虫が湧いてしまった玄米の精米は、お店から嫌がられお断りされる事が殆どです。理由は、精米機の中に虫が残り その虫が移動して周りの美味しい良いお米にまで湧いてしまうからです。また、精米機の中を開け、全て綺麗に掃除をしなくてはいけなくなるからです。2度手間にならない様に、精米する前に虫を取り除いてから持って行く様に気をつけましょう。
(虫を取り除く方法は、「もし、虫が湧いてしまった場合」に記載しています。)


主食であるお米をキチンと保存して、最後まで美味しくお召上がり下さいね、

それでは、ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-07-19 00:27 | 美味しいお米の保存方法