お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お米の試食・・・

皆様、お元気ですか?

私達の昼食は、会社で 社長をはじめ 社員全員が同じものを頂きます。
最近では、珍しいでしょ?こんな、風景。(交代なので、全員揃っていませんが・・)

d0099515_12592441.jpg



こういうスタイルは、先代の社長が、「同じ釜の飯を皆で食べて頑張ろう!」という
気持ちからで、40年前からずっと、変わりません。

お勝手のおばさんが、毎日、美味しいものを作ってくれるんです。
お勝手のおばさんは3人いて、1人が 2日づつの交代で、来てくれています。

作ってくださる、人により 味って 違うんですよ。

お米もそうです。

毎日、お米を日替わりにして 試食を兼ねて 食べています。
ツヤ、香り、ねばり等をチェックしながら・・・・。

同じお米でも、人によって 洗い方、炊き方、蒸らし加減で、えっ!と
言うくらい違います。

同じお米で、同じ人でも 違いますよ!!!

ご飯を美味しく炊くコツで、一番大事なのは、浸水です。
いくら、高いお米でも、浸水時間が 短いと美味しくありません。

よく夏は、30分以上、冬は、1時間以上とか 言われますが、
冬は、特に 3時間以上は、浸して欲しいものです。
こしひかりは、お米の中でも 浸水しにくいお米なんですよ。

お米の中まで、十分に浸水させたお米は、ツヤがよく、ふっくら美味しく炊けます。

また、注意して欲しいのは、時間がない時とか、冬寒くて お湯で洗って 
お湯で炊く人がいますが、お湯で炊くと、釜の沸騰時間が短くなって、
早切れの原因になり ご飯に芯が残りやすく、美味しくないので止めましょう。
もし、お湯で洗っても、炊くときは、お水からにしましょう。

皆様は、大丈夫ですか?

一度、確認してみて下さい。


それでは・・・・・・、ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-02-22 13:39

機転を利かして・・・。

皆様、お元気ですか?

昨日、突然、小学4年生の僕とお母様、そしてお婆様の3人が お礼にと言って
お菓子を持って来て下さいました。

3日前に 店のすぐ近くで、その僕が、家の鍵を歩道の溝に落として 困っていたところ、
当社の工場長である榎本正一さんと、若手のホープである持田朋敏くんの2人が、
30㎏のお米の袋を運ぶフォークリフトを使って、重くて固い溝のふたをとり、
鍵をとってあげたそうです。

d0099515_1433394.jpg

その落とした鍵を拾うために、通りがかりの見知らぬ人達が 困っているその僕の為に
手を貸してあげました。

私は、その話を聞き、まだまだ捨てたものでは ないなぁと 嬉しく思いました。

何より嬉しかったのは、機転を利かし 工場長の榎本正一さんと 
若手の持田智明くんが、労力を惜しまず、フォークリフトを使い
手助けしてくれた事でした。

こんな、素晴らしい社員がいてくれる事を誇りに思います。

そして、お礼にと 当人の僕とお母様、そしてお婆様が お礼に来て下さった事、
とても嬉しかったですし、感謝申し上げます。

こういうことって、一昔前までは、普通にあったことですよね。
何だか懐かしい思いに、心がとても和みました。

心和む世の中に、戻ってほしいものです。 


それでは・・・・・、 ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-02-20 08:41