お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

pm6時前に、野沢温泉村の宿へ無事到着。

宿に着いたら、宿の方がお出迎え。
お夕飯をpm7時にお願いした。

到着してすぐ、明日、お伺いする社長とお嬢さんのももちゃんが
ホテルに来て下さった。
ももちゃんには、1年ぶりの再会。
隣村でお祭りがあるから、後で連れて行って下さることになり、
pm9時にお約束をして分かれた。

お夕飯前に 一風呂浴びた。
ナント! 混浴があるではありませんか!!!
女性だけ、露天風呂が2箇所。
1箇所は、女性専用の露天風呂。
もう一つは、混浴。
男性の露天風呂は、1つだけ。

入った時は、誰も居なかったので、混浴の方に
お邪魔した。
大きなお風呂を家族で独り占めして、最高だった。
しばらくして、男性が入ってきたようだったので、
急いで、女性のお風呂へ駆け込んだ(笑)

お夕飯の時間が来て、食堂へ移動。
私達が、最後の様だった。
テーブル一杯のおかずが並んでいた。
d0099515_21353817.jpg

お夕飯を頂いた後は、野沢温泉村へお買い物。
私は、少し肌寒かったので5本指の靴下を購入。
すぐに5本指靴下を着用した。
初めての体験だが、とても気持ちよく今後、愛用したい。

9時になり、社長とももちゃんと奥様と一緒に
お祭りへ・・・。

子供達は、大好きな「金魚すくい」を・・。
d0099515_21402036.jpg

d0099515_2152184.jpg

そして、私も・・。
やっぱり、「金魚つり」でなく、「金魚すくい」いがいいね。

村人が、着物を着て、行列をつくり村を歩く。
d0099515_21431192.jpg

都会の私達には、珍しく 子供達に伝統の行事を
見せてあげる事が出来て、良かった。
今後も、末永くこのような 行事を絶やさずに続けてもらいたいと
思った。

ホテルまで送って頂き、ホテルの前の足湯に
皆で足湯した後、明朝の7時訪問のお約束をしてお別れ。
とても気持ち良く、ホッとした。

翌朝、朝風呂に入り、6時に朝市へ。
d0099515_21504896.jpg

昨年は、ヒノキの「おひつ」を主人に買ってもらい、
今年は、「すしおけ」をおねだり。
毎年、思い出に1個づつ増やしたい。

高橋社長が、am8時からお出かけという事で、
am7時に訪問。

会社に到着するとすぐに、恒例の写真撮影。
d0099515_21525550.jpg

今年の出来具合も順調。

高橋社長からは、「野沢のこしひかり」と「ミルキークイン」の
お米をお願いしている。

ここの田んぼの特徴は、・・・・・・・
野沢温泉村の東側にそびえる山々は、その一帯が上ノ平高原と呼ばれ
日本カモシカなどの野生動物が住んでいるブナ林が広がっている。
そこから流れ出る渓流には、カジカや岩魚が生息し、田んぼには“メダカ”が泳いでいる。
おいしいお米の秘密は、おいしい水とその水を生み出す、
野沢温泉村の大自然、そして日本有数の豪雪。
ここのお米は、そんな大自然の中で育っている。

ここのお米は、1年を通して 殆ど味が変わらず、当店の売れ筋品。

今年度も、どうぞ宜しくお願いします。
d0099515_2153376.jpg

子供達は、すずめを捕まえたりと、おおハシャギ。
もっと遊びたいところだが、ご挨拶をして 
ホテルへ・・・。

ホテルへ帰り朝食を食べて、チェックアウト。
近くを散歩することにした。
d0099515_21542491.jpg

散歩後、帰路へ・・・・。


今年も、美味しいお米をお届け致します。
お楽しみに・・!

それでは、皆様ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-09-30 21:56

タチヤさんのお店訪問の後は,ピロール研究会の事務所であり
ピロール資材の製造元であるも黒田商事さんへ、お伺いした。

日曜にもかかわらず、黒田与作社長が出迎えて下さった。

私は、初対面。
丁度、私達が、訪問してすぐにバラ作りの為に、
ピロール資材を購入にお客様が、来られた。
その方と一緒に、ピロール農法の話を面白く分かりやすく 話して下さった。

「話し出すと、何時間でも話してしまうよ!」と、黒田社長。
話を伺うと、ピロール農法の作物や商品を食べたくなる。

お米の他に、お茶、玉葱、人参、大豆など、色々・・。
 
ピロール農法は、農薬が検出されず、pH、カルシウム、
マグネシウムなどの含有量が明らかに多く、加工食品も栄養価が高い。

お土産に玉葱などた、くさん頂いた。
帰ってから生と調理して食べたが、とても甘く美味しかった。
お茶も美味しかった。

日常、何気に食べるものからカルシウムなど
栄養が補給できると、嬉しい。
飲むサプリから、食べるサプリがいいね!

話をしていると、ピロール米の生産者である牧田さんが、
お迎えに来て下さり、牧田さんの田んぼへ・・・。

牧田さんの田んぼは、広い平野のど真ん中。
d0099515_20593569.jpg

恒例の写真撮影。
d0099515_20584753.jpg

牧田さんに色々と話を伺った。
農薬を使わず、除草剤は、稲を植える前に規定の半分のみ。
なので、虫が多くついてしまうが、農薬を使った得ない証。

7月と8月の頭に、ピロール資材を蒔くため、大変だそうだ。

ピロール資材は、土壌改良剤で、シアノバクテリアを増殖させる。
シアノバクテリアは、農薬やトリハロメタン等の猛毒を浄化してくれる。
そして、酸素を出してくれる為に、根腐れもおこらない。
田んぼには、メダカやイナゴ、ザリガニなど生物がたくさん泳いでいる。
d0099515_2102082.jpg

平野のど真ん中にあるにもかかわらず、
こんなに生物が生息しているという事は、何よりも安全だという証拠。
d0099515_2105672.jpg

d0099515_2112285.jpg
子供達は、田んぼに生息している生き物を探し、ザリガニや、メダカなど・・。
捕まえて喜んでいた。勿論、捕まえた後は、田んぼにお返し。

まだまだ遊びたいところだが、次の目的地・長野県野沢温泉村に行く為に、
牧田さんにご挨拶をして、出発~!

野沢温泉村は、次号に・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピロール農法・ピロール米にご興味の方は・・、

<ナチュラルエキスポ2007>

2007年10月10日(水)~12日(金)
東京ビッグサイト 西1ホール 10:00 ~17:00
http://www.zenkenkyo.com/EXPO2007/

(有)黒田商事さん (ピロール会事務局) 出展

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日は、私も、お手伝い。
どうぞ遊びにいらして下さいネ!


それでは、皆様ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-09-20 21:07
am10時頃、福井県の(株)ピロール健康タチヤさんへ到着。
タチヤさんは、ピロール農法で作った「ピロール米」と「カルゲンエース」を
主に販売をされている。

我社も、ピロール米を販売しており、タチヤさんから
どの様に販売されているかを教えて頂いた。

ピロール米は、ピロール農法で作られたお米。
有機米を超える米とも呼んでいる。

<普通米との違いは・・・?>
●造血ビタミンであるビタミン12が含んでいる、
  
  世界ではじめての米です。普通米には、含まれない。

●ミネラル(カルシウム・マグネシウム・亜鉛など)が、
  多く含まれている。
  
  普通のお米より、15~25%も多い。
  米ヌカも とても美味しく栄養価が高い、
  黄な粉を食べている様だといわれている。

  亜鉛は、防腐剤などの食品添加物を
  体内から排出してくれる働き。

  高カルシウム・高ミネラルなお米。

●弱アルカリ米。
  
  phが、7.0 ~7.4の弱アルカリ米。
  普通のお米は、6.8位の弱酸性が多い。

●キレート化されているお米。
  
  キレート化されていると、お米の中でのミネラル分などが
  小腸などで吸収されやすくなっている。
  ・・・・・・吸収されなければ、栄養にならない。
  普通米は、ミネラル分が、キレート化される
  割合がとても少ないので、消化吸収率が低い。

●古米になりにくく、効酸化力が強い。
 
  酸化しにくい米。

●お医者様もすすめるお米。

  ミネラルやビタミンが多く、遷移金属も含まれるので、
  アトピーや花粉症の方にも食べてもらいたい。
  アレルギーの方にも安心して食べて頂けるお米。
  
  
ピロール農法の水田には、シアノバクテリアが繁殖している。

シアノバクテリアは、猛毒(ダイオキシン・農薬・トリハロメタン)を
浄化してくれ、しかも、土の中で酸素を出してくれる為、
地球温暖化防止にも一役かってくれる素晴らしい農法。

ピロール米は、この農法で出来きた安心して食べて頂けるお米。

有機米は、簡単に言うと 3年以上化学肥料と農薬を使用していない土地で、
化学肥料、農薬を使わずに作ったお米のこと。

ピロール米は、ピロール資材(土壌改良剤)を使用して、
シアノバクテリアを増殖させた田んぼで作っているお米。
ピロール米の良い点は、上記に・・。

我が家は、このピロール玄米を常食している。
育ち盛りの子供がいて、牛乳を飲ませていないが、
カルシウムは、このピロール玄米を常食しているお陰で、心配ない。


タチヤさんは、3年前に購入したグレープフルーツを見せて下さった。
勿論、この日に買ったという証明に、レシートも一緒に・・。
d0099515_0131718.jpg

d0099515_0135479.jpg

3年前に購入したというのに、グレープフルーツは、腐らず、綺麗なまま。
何故か分かりますか?
そうです。防腐剤が使用されているからです。
恐ろしい~。
それを私達が、食べている訳です。

ピロール米は、亜鉛が多く含まれているので、
食品添加物である防腐剤を排出してくれるんです。
すごいですよね~。

亜鉛には、味覚障害にも効果があります。

最近では、10代20代の若い方も、
この亜鉛不足で味覚障害の方が増えてきているんですよ。
「何を食べても味がしない」、「食べ物の味が薄く感じられる」、
「作った料理が濃すぎると、家族に言われた」など、

あなたは、大丈夫ですか?
周りにいませんか?

ピロールの玄米を食べるととても良いが、
白米を食べる方は、このピロールのヌカがとても良い。

普通のヌカと違い、このピロールの栄養素がぎっしり詰まっているからだ。
とても甘い。
乾煎りして、ゴマを入れて 毎日、大さじ1~2杯常食するだけでも
かなり違う。

ピロール米(白米の方はヌカも・・)を食べて、花粉症が改善された方も多く、
当社の社員も、長年の花粉症が改善されたと喜んでいる。


お問い合わせ 山田屋食糧(有)
          TEL045-951-0218
          http://yamadayakome.co.jp

次は、当店のピロール米を作ってくださっている生産者さんへ
伺います。
お楽しみに・・・。

それでは、皆さん、ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-09-14 00:10
先週末(9/1~2)は、子供の夏休みの最終日を利用して、
福井県&野沢温泉村に1泊2日で、田んぼ視察に行って来ました~!

9/1(土)。前回の週末より、私は、早い起床am1:30。
そして、前日に炊いておいたピロール玄米を梅干おにぎりにした。
皆は、2:30起床。何故か、子供達もすんなり起きた。普段とは、大違い。
準備が出来て、
am3:00に自宅を出発!

今回は、前回の様にトラブルが無いように、出発時に 
皆でお祈り・・・。

高速道路を順調に走っていると、「ドン!」と、大きな音。 
 「あれっ?」「石かな?」と、主人と話す。
また、少しして、「ドン!」と、さっきと同じ音。
嫌の予感・・・・。

丁度、JRバスの停留所があったので、そこに愛車を止めた。
主人が、車の下にもぐると、
「あ~、こりゃ駄目だ~!」と、一言・・。

でも、トランクの中にある工具を取り出し、何やらゴソゴソ。
何とか?ギアを繋いでいるコードが外れたらしい。

真っ黒になりながら、「これで良し!」と、主人。
「さ~すが~!私のダ~リン」と、惚れ直し・・。

主人は、車やバイクの機械にとても強い。
私は、全く駄目で、結婚前に付き合っていた頃、
車をチョイチョイと直してもらうのを見ながら、
「頼もしい~」と思っていた昔を思い出す。

主人の両手、洋服が 油で真っ黒になったので、
運転交代。
次のサービスエリアで、油をキレイに落とし、
さぁ、出発!


つづきは、その2へ・・・。お楽しみに・・・。

それでは、皆様ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-09-08 23:21
先月、8月末で退職した関口さん。
長い間、本当にありがとうございました!

d0099515_1329486.jpg


関口さんは、勤続約40年。
主人が、生まれる前から、働いてくれていて、
当社ののトップセールスマンだった!

当社の従業員の方々は、皆さん、長く努めて下さっている。
この方々のお陰で、この会社は、成り立っている。

当社は、その昔、プラッシー販売の全国NO1の実績も、持っている。
皆さん、なかなの者。

新入社員の三木くんも、関口さんの後を継ぎ、頑張ってくれている。

関口さん、第2の人生、頑張って下さい!!


皆さん、それではごきげんよう♪
by yamadayakome | 2007-09-06 13:54

翌朝5:00頃、雨の音で目覚める。

折角の写真撮影が・・・。ほぼ、絶望的な状態だった。

悩んでも仕方が無いので、朝風呂に入る事にした。

夜と違い、雨は降っているが 外の景色がとてもきれい。
お風呂に入り、気分を変えた。

出発する頃、雨が上がり 少しお日様が出てきた!

私って、やっぱり 晴れ女?!

山形県東置賜郡の契約農家である槙さんたくへ、行く途中

「十割そば」という看板に惹かれ、昼食をそこでとることにした。

通りから脇に入り、どんどん行くが無い。
道を間違えたかと思うくらい。
こんなところに?と、思うところにあった。
d0099515_2325424.jpg

         ●手打十割そば よしだや 0238(43)7610
                 山形県南陽市二色根513-3

入り口を入ると、なかなかのもの。
きっと、遠くからでも、このおそばを食べにくるんだろうなぁ。と、
思わせる素敵な雰囲気。

主人は、てんぷら板そば。
d0099515_2334027.jpg

子供達は、水そば。
d0099515_234629.jpg

私は、中板を注文。
d0099515_2343012.jpg

d0099515_235183.jpg

この日は、十割手打ち板そばしか準備が出来ていなかったので、
その中から選んだ。

ダッタンそばも食べてみたかったが、来年に注文することにした。

十割そばとは、そば粉100%のそばの事。
今回、十割そばは、初体験。

ボソボソのイメージだったが、ここのは 全くボソボソしなかった。
不思議。
他店のと食べ比べてみたくなった。

水そばも、水の中にそばが入っている。
水だけでも、美味しく頂けた。

天ぷらの衣は、そば粉のみ。
サラットしていて、食べやすかった。
家では、米粉のみだが、そば粉もファンになった。
卵を入れなくても、とても美味しい。

皆さんも、卵無しの米粉やそば粉の天ぷらを是非、お試し下さい。
パリッと揚がり、軽くて美味しいですヨ!
勿論、体にもヘルシー!


うす緑色のお豆腐が、ついていて、とても美味しかったので、
お店の人に尋ねると、この辺りの特産で、「青豆」という
緑色の大豆。
後で、スーパーで購入する事にした。

山形県に来る時は、寄る店がまた一つ出来た。
来年が、楽しみ~!

腹ごしらいが出来、いざ、槙さん宅へ出発。

途中、スーパーがあったので、立ち寄り、
お蕎麦屋さんで聞いた、青豆を購入。
青豆の黄な粉も、きれいな薄緑色だったので、購入。

約束時間前に槙さん宅へ、到着。
その頃、丁度、雨も上がり、ラッキー!
すぐに、田んぼへ行き、恒例の写真撮り。

d0099515_2371225.jpg

槙さんも、美味しいお米を作って下さる方。
品種は、もち米のヒメノモチ。
当店のもち米と当社の餅菓子屋さんに卸している。
評判も上々!
槙さん、今年度も、美味しいお米をどうぞ宜しくお願いします。

写真撮影が終わると、子供達が、この蛇、毒持ってるの?と、
尋ねてきた。
主人が、毒無いよ!と言うと、いきなり、長男が手で、蛇を捕まえた。
d0099515_2383266.jpg

この旅の目標が、一つクリアできた!と、喜んでいた。

大粒の雨が、ザーッと、降り出した。
槙さんが、「私達が来る前まで、強い雨が降っていたんだよ。」と、
教えてくれた。

やっぱり、私って・・・・。晴れ女。

無事にお仕事を終え、また、長~い道のりを主人と交代で運転し、
自宅へ・・・。
by yamadayakome | 2007-09-03 23:11