お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日は、マクロビォテイックの食事指導者で有名な
山村慎一郎先生の「望診法指導士養成講座」の日。
昨年から、主人と一緒に月に1度参加している。

望診法とは・・・・・、・顔や体の状態を見て、病気を予防する技術。
            ・健康状態や性格、今まで食べてきたものまでがわかる。
            ・健康状態のトラブルがわかれば、
             改善の為の食事のとり方もわかる。
            
望診法をよく勉強していくと、内臓のどこに問題があるか、顔を見ればすぐ分かり、
目や鼻、唇や爪といった、部分から全体を見れ、 目を見れば、体全身の好調・不調が分かり、 耳を見ても全身の状態が分かるようになる。
そうした、顔に出てきた体の弱いところを早めに見つけて、多すぎる食べ物を減らし、
元気になるような食べ物を増やして病気にならない様に出来るという。

昨日は、5回目で口・歯から見るものを勉強。

勉強するまでは、顔に体の不調がでるなんて信じられなかったが、
勉強していくうちに、吹き出物、ホクロ、シミ、肌の状態、色などで、
自分に当てはめると、なるほど・・・、と納得。

実は、私も下唇に大きなホクロみたいなものがあったものが、
食事を変えてから1年経つか経たないうちに キレイに治った。
また、鼻筋の横にあった、膨らんだ大きいホクロも 小さく薄くなった。

長男の鼻炎も、乳製品を止めたら、嘘のように良くなった。

現在の医学は、ここが悪いからこれを飲みましょうという足し算式。
マクロビオテイック式は、多いものを減らしましょうという引き算式。

シミやホクロ、吹き出物なども 甘いもの、油物、コーヒーをやめれば、
消えてくる。

なんて、カンタン!高い化粧品を使わなくても、食生活を見直すだけで
キレイになれるなんて・・。

また、お子さんの出来ない方も、食事を見直すだけで 子宝に恵まれたり・・。

生まれてくる子供の顔や体や体質も お母さんの食べる食事の内容で 変化する・・・。

食べ物で、性格、体質、体調も変えられる。        

ホント、すごすぎ・・・!

最近の食生活は、ご飯は少しで、おかず食いが多い。
それは、危険。

健康の近道は、1日ご飯50~60%と、 ご飯をしっかり食べる事!
            野菜 25~30%
            豆・海草 5~10%
            汁物・味噌汁 5~10%

お米を買いに来て下さるお客様を見ても、
1ヶ月のお米の消費量の多いご家庭の方は、皆さん、お元気。

昔、思春期の頃、ダイエットの為に ご飯を少ししか食べなかった頃を
思い出すと、反省と後悔。
現在は、ご飯をしっかり食べている今の方が、体系もGOOD!だし、体調もGOOD!
若い頃は、下半身デブな感じ・・。今は、均等。それに、年齢より若く見られる。

講座を重ねる度に、この方にも、あの方にも、お教えしたいなぁと思ってしまう。

世界中の皆が食事を変えるだけで きっと世界平和がくるだろう。

それでは、皆様ごきげんよう♪ 
 
by yamadayakome | 2008-01-26 22:47

今朝は、雪化粧!

今朝、外は、なんと雪化粧!
d0099515_1933732.jpg

久しぶりの雪化粧。
屋根などに5センチほど積もっていて、
予報が、当たっていた。

ここは、横浜。
最近は、温暖化の影響で 積もる日がほとんど無い。

この先、どうなるのだろうか・・・。

温暖化防止の為に、「自分一人位いいじゃない。」でなく、
「自分だけでも、小さなことから気をつけよう。」という気持ちで、
取り組みたいと思う。

そうする事で、一人が大勢集まれば、大きな力になるから・・。

皆さんも、「自分だけでも気をつけよう」という気持ちで、頑張りませんか?

それでは、皆様ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2008-01-23 19:34
お店では、毎日、美味しいお昼ご飯を作って下さる
賄いのおばさんが3人いる。
今日は、山田さん。
d0099515_20452431.jpg

今日は、従業員の方々にも 雑穀をおかずに混ぜたものを
味わってもらいたくて、お昼のおかずに混ぜてもらう事にした。

山田さんは、 急なお願いにもかかわらず、
快くOK!を出して下さった。
おかずは、「さばとごぼうの味噌煮」と「菜の花とかずのこの辛し和え」。

「さばとごぼうの味噌煮」には、・・・・・「ひえ」。
d0099515_20432142.jpg

「菜の花とかずのこの辛し和え」には、・・・・「もちきび」。
d0099515_204356100.jpg

雑穀を入れるタイミングは・・・・・。

雑穀をそれぞれにきれいに洗い、

●「ひえ」は、洗ってから、さばを鍋に入れる直前に
  煮汁の中に入れ、さば煮を作る要領で煮る。

●「もちきび」は、洗ってから 塩を入れてグラグラと
  煮立ったお湯の中に入れて、好きな固さに茹でる。
  
  茹でた「もちきび」を 菜の花を混ぜあわせる時に
  混ぜ合わせる。

「さばとごぼうの味噌煮」は、煮汁が絡み、「ひえ」がプツプツと魚卵みたいで
すごく美味しく、評判良かった。

「菜の花とかずのこの辛し和え」は、緑の「菜の花」に黄色の「もちきび」の
色あいがとてもキレイで、美味しかった。

このように、雑穀は、特別の物でなく 一つの素材として考えると
とても身近な食べ物になる。

雑穀は、栄養素が豊富でバランスよく、抗酸化力も優れている為、
若返りの効果が高く、美容と健康に素晴らしい食品。

どんどんと、ご飯に混ぜるだけでなく、おかずに入れて、
たくさん食べて欲しい。

それでは、皆様ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2008-01-22 20:40
阪神大震災から、今日で13年。

今も忘れないあの朝。

横浜の自宅で、朝早く起きていた私は、テレビをつけて見ていた。
午前5時46分すぎ、テレビ画面の上に、関西で大きな地震・・・。
今までに、大きな地震を関西で経験の無い私は、地震なんだ~。と、
あまり、ピンと来なかったが、時間が経つにつれて
心配になる。電話も、つながらない。
主人と私で、それぞれに 電話を何度もかけ続けた。

何時ごろだったか、携帯からの電話がつながった。
一応、皆、無事だった事を確認でき安心した事を覚えている。

私の実家は、倒壊は 間逃れたが、見た目は、
壁にヒビが入っただけ。
でが、今度、大きな地震がきたら保障は 無いらしい。

兄のお嫁さんの実家は、倒壊、火災とひどかった。

13年前の今日の私と言えば、長男をお腹に宿して5ヶ月頃。
お正月は、実家で過ごし、帰郷しての出産の為、病院の受診をし
横浜に帰って2日程たった日の事だった。
数日、帰る日を伸ばしていたら、阪神大震災に遭遇して、
横浜には、戻って来れなかったと思うと、ゾッとした。

神戸ポートアイランドの出産予定していた病院に問い合わせしたところ、
出産可能という事で、1ヶ月前の5月に帰郷。

お正月に帰った時の風景と全く違う風景に、驚きとショックが大きかった。
モノレールの線が寸断され、マンションの1階が押しつぶされたり、
車がぺしゃんこのままだったり、アスファルトの道路が、盛り上がったりと
考えられない光景。

修復の為に、ホコリが舞い上がり、ものすごい光景。

5月、6月だというのに まだ、余震が続いた。
ドンと下から突き上がる振動も、初めて体験して 恐怖を覚えた。
その体験から、今も 地震がきたら ものすごく怖くなる。

13年たった今、大分、復興してキレイな町になってきたが、
まだ、跡が残っている。

阪神大震災にあわれた方々は、一生忘れる事の出来ない事
でしょう。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り致します。

いつ、地震が来ても 大丈夫な様に また、あらたな気持ちで
備えていきたいと思う。

それでは、皆様ごきげんよう♪
by yamadayakome | 2008-01-17 08:33
皆さんは、どの様な お正月を過ごされました?

毎年、仕事始めは、6日からだが、今年は、日曜日なので、
7日から仕事始め!

私は、午後から、「どんどん焼き」の団子の材料になる
170㎏分の上新粉の袋詰めをした。
d0099515_22164136.jpg

町内会などからのご注文・・。
1袋1kgだから、何と何と170袋!!

ひとつひとつ手作業の袋詰めなので、時間がかかった。
真っ白になりながら、腰も痛いし・・。
でも、皆さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら、頑張った。

上新粉は、当社でお米を挽いたもの。
だから、とても美味しいと大評判!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「どんどん焼き」とは、・・・・・・・・・・
日本各地で行なわれる小正月(1月15日)の火祭りで、
どんどさん、どんどん焼、さんくろうなどとも言われているそうだ。
お正月に使った門松やしめ縄、お守り、破魔矢、
祈願成就した「だるま」などを持ち寄って焼き、
その火にあたったり、繭玉だんごや餅を焼いて食べて無病息災を願うもの。
お正月にお迎えした神様をお送りする日本の伝統的な行事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この辺りは、上新粉で作る繭玉だんごを使用する。

<「繭玉だんご」の作り方>

 材料: 上新粉、熱湯 (同量)

 作り方: ①上新粉と同量の熱湯を少しずつ入れて、箸でかきまわす。
       ②熱湯を入れ終えたら、手でこねてまとめる。
       ③こね終えたら、好きな大きさに丸めていく。
       ④セイロに丸めた団子を並べ、20分程蒸す。
       ⑤団子に串をさして、くっついてこなかったらOK!
       ⑥セイロを火からおろし、すぐに ウチワで仰ぐ。
        直ぐにあおぐことで、団子にツヤが出て、くっつかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
都会では、このような風習も 少なくなってきている様なので、
とても残念。

近くの神社などに行ってみて、是非、日本の伝統的な行事を
体験をしてみては?

それでは、皆様 ごきげんよう♪

~~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~~
【お問い合わせ】
お米の山田屋(山田屋食糧有限会社)
241-0032 横浜市旭区今宿東町1626(今宿郵便局前)
TEL045-951-0218
info@yamadayakome.co.jp
HP: http://www.yamadayakome.co.jp
~~~~~~~~*~~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~~
by yamadayakome | 2008-01-10 20:14

謹賀新年!

明けまして、おめでとうございます。058.gif

昨年は、お世話になりありがとうございました。
本年も、どうぞ宜しくお願い致します。
 
今年も皆様にとって、良い年でありますように・・・!

それでは、皆様ごきげんよう♪

 
本年の営業開始日・・・・ 1月7日(月)午前9:00~ 
by yamadayakome | 2008-01-02 21:50