お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雑穀アドバイザーの次である講座の2回目が、
先週の金曜日にありました。

この日は、前回の課題のプレゼンテーションと
松田美智子先生による課題の フィードバック。
午後からは、「マルディ グラ」のシェフ和知戸徹さんによる
デモンストレーションと調理実習。

前回の課題は、かなりの数のレシピの提出でした。
何とか期日までに提出は出来ましたが、とてもハードな課題。

今回の、授業に参加するにあたり、憂鬱な感じでしたが、
皆さんの素晴らしいレシピとプレゼンテーションと
松田先生のアドバイスを伺い、勉強になると同時に
これから頑張るぞ!というやる気に変える事が出来ました。

午後からは、和知シェフのデモンストレーションと調理実習ですが、4品。
d0099515_13565689.jpg

d0099515_1357425.jpg

◎ケバブ風ハンバーグ
◎はだか麦のトスカーナ風サラダ
◎クスクス風スパイシートマトスープ
◎フレッシュフルーツのコンポート

和知シェフは、雑穀を蒸す調理法。
斬新な料理法にとても驚きました。

これで、また雑穀の世界が広がり とてもワクワクしています。

雑穀って本当に奥の深い食べ物ですね。。。
by yamadayakome | 2010-08-29 14:04
田んぼ視察の帰り道に長野県諏訪にある みその丸高蔵の『みそ茶屋 千の水』さんでの
イベントの為の下見に寄ってきました。
d0099515_10564117.jpg

イベントは、
****************************
<水と大地のライブ&トーク>
日時:  2010年9月18日(土)

味噌作り教室: 13:00~
雑穀プチメニュー&デザート試食会:15:00~16:00
ライブ&トーク 16:00~17:45

料金:味噌作り教室 3000円
   ライブ&トーク、雑穀試食会 4000円

出演者:シンガーソングライター Yoshie Ebihara
http://www.yoshiesing.com/
    雑穀アドバイザー Satomi (持田怜美)
http://milletche.exblog.jp/
       http://www.yamadayakome.co.jp/

場所:みその丸高蔵(千の水)
   長野県諏訪市高島1-8-30
TEL 0266-52-4033
   ホームページ:http://www.suwa-marutaka.jp/

申し込み、お問い合わせは、下記まで。。。。
<千の水 担当:吉田>TEL 0266-52-4033
<宮坂醸造(株)マーケティン部担当:杉浦、天川>TEL 03-3385-2124
*****************************

名工指導いよる味噌作り教室、私が作る雑穀のプチメニューとデザートの試食会、
そして素敵なYoshieさんの歌のライブ、そしてYoshieさんと私のトークがあります。

この場所は、味噌蔵。
名工さんがご指導下さり、一樽(3.6kg)の味噌作り体験が出来、3000円です。
そして、素敵な味噌蔵を店舗にした「千の水」でのライブ&トーク、雑穀試食会は、4000円です。

どちらか一方の参加でも両方の参加でも可能です。
ただ両方ご参加の方には、千の水特性のお土産がつくそうです♪

丸太蔵さんは、みこちゃんで有名な神州一味噌の宮坂醸造さんの系列会社。
とても素敵なお店でした。

この日は、諏訪の恩柱のお祭りのために千の水さんは、休業だったので、
ランチを食べ損ないました。残念。

担当者の方が、いらしゃったので お店の中とキッチンを見せて頂き、
簡単な打ち合わせをしました。

当日のお料理は、雑穀の美味しさを知って頂く試食会です。

シンガーソングライターのYoshieさんの歌は、天から舞い降りてくるそうなのです。
私は、Yoshieさんのソウルフルな歌声と歌にいつも引き込まれます。

このイベントは、日帰りが可能ですし、近くにおすすめの宿泊先もご紹介できますので、
一泊して観光がてら温泉や観光も楽しんでみられてはいかがですか?

ここは、温泉地域。上諏訪温泉、下諏訪温泉、諏訪大社、高島城、の名所が点在し、
少し行くと諏訪湖もある観光地です。

ご興味ある方は、是非、ご参加下さいませ。
お待ち致しております。

この場所に行ってみたい方は、下記をご覧下さい。

みその丸高蔵(千の水)長野県諏訪市高島1-8-30
ホームページ:http://www.suwa-marutaka.jp/

それでは、皆様ごきげんよう〜♪
by yamadayakome | 2010-08-26 10:57

田んぼ視察旅行♪

22日(土)~23日(日)の一泊二日で、毎年恒例の契約農家さんの田んぼ視察に
行ってきました。
d0099515_8462349.jpg

今回は、「ピロール米」牧田治兵衛さん(福井県)&「野沢のこしひかり」
高橋義三さん(長野県)の田んぼです。

家族4人揃っての視察は、4年ぶりで、家族旅行も何年ぶりでしょうか。。。

22日(土)3:30am 自宅を出発! 

運転は、主人と私と交代です。

最初の目的地福井県の牧田さんの田んぼには、am10 :30頃到着。
そして長野県野沢には、pm3:30頃の到着でした。

福井県も野沢も35度以上の猛暑。

サンサンと降り注ぐ太陽の下で、元気に稲が育っていました!

     <生産者の牧田治兵衛さんと・・(福井県)>
d0099515_848161.jpg

d0099515_8372976.jpg


到着後すぐ、恒例の田んぼ前での写真撮影。

    <高橋義三さん家族と・・・(長野県野沢温泉)>
d0099515_839193.jpg

これがとても重要なお仕事です。

その傍らでは、子供達が大はしゃぎ。
d0099515_8412727.jpg

田んぼにいる「めだか」や「かえる」、「とんぼ」などの生き物を見つけて
捕まえます。捕まえては、すぐに逃がしてやりますが・・・。

研究熱心な牧田さんも高橋さんも、昨年よりも美味しいお米になるように、日々研究努力
して下さっていました。

今年も美味しいお米がとれそうですよ♪

とても楽しみです♪♪

*************************************

< ピロールこしひかり(牧田治兵衛さん作)>

牧田さんの「ピロール米」こしひかりは、ピロール農法で、育てています。

ピロール農法で育てた米は、有機米を超えた米と言われていて、藻が土の中で酸素を出すので、根腐れせず、地球温暖化にも貢献し、有害物質である農薬やトリハロメタンなどの有害物質を分解してくれます。

また、ビタミンB12(造血ビタミン)が存在し、カルシウム、ミネラルなどが豊富なうえ、
花粉症やアトピー、アレルギーの方にも良く、お医者様が推奨されています。

そして、弱アルカリ米なので、食べながら体のバランスも整てくれる健康的なお米です。

玄米で食べると良く分かりますが、甘みがあって、とても美味しいですよ♪

          * * * * * * * *

< 野沢のこしひかり(高橋義三さん作)>

高橋さんの「野沢のこしひかり」は、ブナの山のふもとのお水の美味しい野沢温泉で
育てられた美味しいお米です。当社で、進物用に使われているNO1のお米です。

高橋さんは、米・食味分析鑑定コンクール国際大会で、金賞を受賞されている凄腕農家さんなんです。

艶があり、とっても美味しく、野沢温泉の多くの旅館やホテルでも高橋さんのお米が使われていて、
私達が宿泊したホテルでも、使われていて、艶々で美味しかったです。
d0099515_8425137.jpg


***********************************

おい合わせ、お米ご希望の方は、
お米の山田屋(山田屋食料有限会社)
http://www.yamadayakome.co.jp
TEL045-951-0218


それでは、皆様ごきげんよう~♪
by yamadayakome | 2010-08-24 08:59
最近、仕事で使用しているパソコン達の調子がとても悪く、
お客様、取引先様に ご迷惑をおかけするところがあり、誠に申し訳ございません。

現在調整中でございます。早く復活させますので、ご了承下さいませ。
by yamadayakome | 2010-08-20 11:40
前回のブログで、「たかきび」がコクゾウ虫に食われた話を出しましたが、
では、お米や雑穀にコクゾウ虫が発生したら どうすればよいのでしょうか?

1)まず、一匹でも見つけたら、すぐに コクゾウ虫を全部取り除いて、つぶして下さい。
生きていると、また 悪さをするからです。

昔、忘れていた少しのお米から、コクゾウ虫が大発生して、
台所以外の部屋まで、いたことがあったんです。(><)
(お米屋さんのお家では、ありませんのでご安心て下さいね。)

明るいところで新聞紙などに広げると、外にコクゾウ虫が、ゴソゴソに逃げ出してくるので、
見つけやすいです。
コクゾウ虫は、上へ上がってくる性質がありますので、比較的簡単です。

お米などで沢山発生した場合は、家の外でやる事をおすすめします!

2)そして密閉された容器に移し、冷蔵庫へ入れて保存し、早く使い切って下さい。
  
ただし、古くて沢山発生して粉っぽくパサパサしたものは、やめた方が良い場合もあります。

コクゾウ虫が発生したものでも、取り除けば 大丈夫です。

洗うと、食われたお米や雑穀は、空洞なので 浮いてきますから 洗い流せば大丈夫です。
丁寧に洗って、いつものように炊いて下さい。

昨夜は、前回掲載したたかきびを炊いて、たかきび麻婆豆腐を作り、
とても美味しく家族からも大好評でした!

たかきび麻婆豆腐の事を写真やブログを掲載しましたこちらもご覧下さい。
体に優しい雑穀Life色々。。。。
http://milletche.exblog.jp/d2010-08-20

それでは、皆様ごきげんよう〜♪
by yamadayakome | 2010-08-20 10:50

雑穀の保存方法!

◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ 
雑穀の基本的な炊き方学びませんか?
雑穀料理を美味しくするポイントお教えします♪


雑穀アドバイザー持田怜美(SATOMI)がお教えする
雑穀教室(基礎編)(8~9月,9~10月) 
満席・・・ ①8~9月水曜日コース・・・8月18日、9月15日
満席・・・ ②8~9月土曜日コース・・・8月21日、9月25日
募集中・・・③9~10月火曜日コース・・・9月7日、10月5日
詳細は、http://milletche.exblog.jp/14839932/
◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ 

あちゃちゃ、やってしまいました〜!(><)

雑穀から、黒いコクゾウ虫が、何匹もゴソゴソ。。。。キャーッ!

いつもは、密閉袋に入れて、冷蔵庫に保存しておくのですが、
ついうっかり冷蔵庫へ入れ忘れていた「高きび」から、
コクゾウ虫が発生してしまったのです。
d0099515_18332914.jpg

そうなんです。
この写真の様に、穀物の中身を食べるので、中身が空洞になります。

雑穀は、穀物ですから、お米と同様に コクゾウ虫が発生するのです。
お米も、上記の写真の様に お米の中身を食べるのです。

ですから、この暑い時期は、穀物の保存の特に注意が必要です。

保存する一番よい方法は、密封された入れ物に入れて、冷蔵庫保存するのが一番おすすめです。
そうすることで、品質が保て長期の保存も可能ですし、美味しく頂けます。

少量にしても、密封の入れ物に入れて冷蔵庫に保存しましょう〜♪
密封の入れ物は、ジップロックのような袋が、かさばらず便利です。

ここで、注意ですが、完全に密封されていないと、冷蔵庫の臭いを吸収して
美味しくなくなるので、ご注意下さい!

まだまだ残暑が厳しいこの時期、栄養豊富な雑穀、
そしてお米をしっかりを食べて乗り切りましょう〜♪

それでは、皆様ごきげよう〜♪
by yamadayakome | 2010-08-18 12:28

成長する子供達

◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ 
雑穀の基本的な炊き方学びませんか?
雑穀料理を美味しくするポイントお教えします♪


雑穀アドバイザー持田怜美(SATOMI)がお教えする
雑穀教室(基礎編)(8~9月,9~10月) 
満席・・・ ①8~9月水曜日コース・・・8月18日、9月15日
満席・・・ ②8~9月土曜日コース・・・8月21日、9月25日
募集中・・・③9~10月火曜日コース・・・9月7日、10月5日
詳細は、http://milletche.exblog.jp/14839932/
◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ 

15日の日曜日も、長男が つり好きの工場長の榎本さんに 船つりに連れて行ってもらい、
お魚を何匹も釣ってきました。

前夜「おじいちゃんのお墓に生けてあるお花のお水を換えるんだ」と言って、
早朝3時に起床して、近くのお墓まで一人行き、お水を換えて帰ってきたら、
「お墓は、明るいからと懐中電灯も持って行かず、意外と怖くないもんだね〜。」
なんて頼もしい言葉を残して、4時頃出かけて行きました。

お盆の間、毎日、おじいちゃんの為に お墓に生けてあるお花のお水を毎日交換して
くれたお陰で、この暑い夏の日にもかかわらず、きれいに咲き続けてくれました。
ありがとう♪ おじいちゃんも、きっと天国で喜んでくれているよ!

「今日も何匹も釣って帰ってきたよ!と 誇らしい声で電話があり、
お店のおばあちゃんの台所で さばいてくれました。
d0099515_5541353.jpg

台所には、慣れかけた手つきで、長男が釣った魚をさばいてくれましたが、
その横には、長女といとことが 長男の魚をさばいているのを興味深く
見ている3人の後ろ姿を眺めながら、小さな小さなかわいい子供だった子供達が、
いつの間にか大きく成長している姿を見て、頼もしく嬉しく、
何だか思わず涙がこぼれそうになりました。
d0099515_5562116.jpg

私が育った環境と全く違うので、
あまり親らしい事もしてあげられていないにも関わらず、
子供は、成長するのですね。。。

子育てや生活に色々悩んだり喜んだりして、親も成長させてもらっているのですね。

悩みながら、親を泣かせていた自分を思い出し、
立派に自分を育ててくれた親の偉大さを感じます。

みんな、みんなありがとう♪
by yamadayakome | 2010-08-17 05:41

小豆&雑穀入り玄米がゆ

◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ 
雑穀アドバイザー持田怜美(SATOMI)がお教えする
雑穀教室(基礎編)(8~9月,9~10月)    
満席・・・ ①8~9月水曜日コース・・・8月18日、9月15日
満席・・・ ②8~9月土曜日コース・・・8月21日、9月25日
募集中・・・③9~10月火曜日コース・・・9月7日、10月5日
<雑穀料理を美味しくするポイントお教えします♪>
◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ ◆◇◆◇◆◇◆ 

1日と15日は、お赤飯を炊きましょう。

ここのところ毎食、雑穀入り 玄米がゆを食べているので、
今日は、小豆を入れてお赤飯の代わりにすることにしました。

小豆は、利尿作用、むくみ解消、便秘解消にもよく、血液まできれいにしてくれます。
なので、小豆をつとめて食べようにしたいものですね。

私は、むくみを感じるとき、小豆と少量の昆布を煮て煮汁を飲みます。
そうすると、不思議に 利尿作用がよくなり、むくみに良く効くんです。

本当は、土鍋でコトコト煮たいところですが、火をあまり使いたくないので、
今日のおかゆは、圧力鍋を使用し、短時間で作りました。
d0099515_2315881.jpg

暑い夏は、しっかりしたご飯粒が食べづらい時期なので、
おかゆにし冷たくして食べると
のどごしが良く ツルンと美味しく食べることが出来ます。

本当は、もうご飯粒でも食べれるのだけれど、
おかゆにして、冷たくした方が、ご飯を食べやすいという理由で、
今もおかゆ・・・。

夏場に麺類も良いけれど、冷たくしたおかゆも美味しい♪

皆様も、お試しあれ。。。。

それでは、皆様ごきげんよう~♪
by yamadayakome | 2010-08-15 23:08
大変お待たせ致しました。

寺田本家さんの「醍醐のしづく」や「生むすひ」など瓶の中でも
発酵し続け生きているお酒、「井筒ワイン赤&白」、
「三河みりん」、「料理酒」など体に良い自然酒の販売を始めました。

店頭、ネットの両方でご購入頂けます。

ご希望の方は、以下よりご購入下さいませ。
**********************
お米の山田屋(山田屋食糧有限会社)
〒241-0032 横浜市今旭区宿東町1626
TEL 045-951-0218
ネット販売:http://www.yamadayakome.co.jp
********************** 

皆様のご注文お待ち致しております。

それでは、皆様ごきげんよう〜♪
by yamadayakome | 2010-08-12 20:25

退院しました。。。。

お元気でいらっしゃいますか?
ご無沙汰しております。

***************************************
お客様 並びに お取り引き様 各位

この度は、お客様並びにお取り引き様に大変、ご迷惑そしてご心配おかけ致しまして、
大変申し訳ございませんでした。

私、先月下旬より体調を崩し、末より入院致しまして、
退院してまいりました。
退院後、すぐにでも仕事をと思って、退院して参りましたが、
頭で考えていたもとは別で、まだ体が完全ではございません。

誠に申し訳ございませんが、出来るところから
仕事の再開をさせて頂きますので、しばらく ご迷惑をおかけする事が
あると思いますが、お許し下さいませ。

玄米団子などのご注文も頂いておりますのに、誠に申し訳ございません。
体が万全になりましたら、より一層真心を込めましてお作り致しますので、
今しばらくお待ち下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。  持田怜美

************************************

先月下旬より腹部の痛みがありつつ、数日薬を飲みだましまししておりましたが、
月末に病院へ参りましたら、即入院になりました。

春にも同じような事がありましたので、今回、検査致しましたら、
虫垂が主な原因で大腸小腸が腫れている事がわかり、手術する事に致しました。

今回、知った事なのですが、人間の体はよく出来ていて、
例えば虫垂を例で言いますと、痛みが出ても、切らずに治し、また痛んで、治してを
繰り返すうちに、まわりの内蔵が虫垂のまわりに癒着してきて、カバーするそうなのです。
そうなると、いざ手術のとき 虫垂に小腸や大腸などが癒着して はがれにくくなり、
手術の時に、まわりの内蔵を傷つけてしまう可能性が大きいそうなのです。

私の場合は、体の抵抗力が落ちたときに、またすぐ痛みが出て、
同じ事のくりかえしになるだろうと言われ、即、手術を決めました。

虫垂は、不要な内蔵だと 一般的によく言われておりますが、
小腸や大腸を支えているきちんとした役目があるので、
この話を聞くまでは、出来れば切らなくて済むならと思っていましたが、
今後の事も考え決めました。

ここ何年、薬をほとんど使っておりませんでした私には、
薬付けの毎日で、人よりも薬が効くのでしょうか、
入院中、手術後に使用した痛み止めなどの薬が、
効きすぎて吐き気など気分が悪くなったり トイレで
具合が悪くなったりして、看護婦さんに 何度かお世話になりました。

外科病棟だったので、手術された方がほとんどで、
入院されている方々と色々お話をさせて頂きましたが、
毎日のお食事が、「大切だなぁ」とつくづく感じました。

そして、食べられる事、痛みがなく生活できる事が
どれだけありがたい事か、痛感致しました。

どんな物にも感謝を忘れないようにしたいと思います。

まだまだ暑さが続きます。
皆様も、お体にお気をつけてお過ごし下さいませ。

今後も、どうぞ宜しくお願い致します。

それでは、皆様ごきげんよう〜♬
by yamadayakome | 2010-08-09 13:54