人気ブログランキング |

お米屋さんの若奥さん日記 yamadayakm.exblog.jp

お米屋さんの若奥さんが、思った事、感じた事  など・・・・。           そして、食の大切さ。


by yamadayakome
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
母の日。母になって11年。

子供が、長男11歳と長女8歳。
いつしか、母の日やお誕生日に、何かしてくれるかな?っと、
期待してしまっている自分。

プレゼントは、無くてもいいから、「ありがとう」とか、「おめでとう」とか、
言って欲しいなぁと、思ってしまう。

自分が、母になるまでは、母の気持ちが分からなかったのに、
今、母も、同じように思っていたのかなぁ・・・、と偲ばれる。
今は、どう思っていたかは、聞けないけれど・・・。

母の日の朝、娘が お菓子を買ってくると言って、出かけ、帰宅すると、
「母の日のプレゼント。いつも、ママありがとう。お菓子をやめて、買ったの」と言って、
カーネーションをプレゼントしてくれた。
d0099515_935155.jpg


母の日だったので、お花屋さんでは、たくさん花束を置いてあった様なのだが、子供には、
高くて買えず、自分で買える分だけ 花の色を選んで 買って来てくれた。

息子は、夜、コンビニに買い物に行った時、主人とコソコソ話をして決めた様で、
いつまでも美しくいて欲しいからと、コラーゲン入りドリンクを買ってくれた。
「いつも、ありがとう。いつまでも、綺麗でいてね。」と、プレゼントしてくれた。
d0099515_9352298.jpg


子供達の優しい気持ちに、涙が出る程、嬉しく、優しく育ってくれている事に安心した。

子供達を抱きしめて、私の嬉しさを言葉で伝え、また、優しく育ってくれた事の感謝の気持ちを言葉で伝え、また、いつまでも、この他人を思う優しさを忘れないで育ってくれるとママは嬉しいよ。と、言葉で伝えた。

これからも、抱きしめて 言葉で伝えて行きたいと思う。

それでは、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-05-16 09:49
長男は、現在、小学6年11歳。
生まれたのは、3764㎏。大きく生んで、大きく育ってくれると思っいたのに
6ヶ月で風邪を引いたのを機に、食が細くった。
背の順に並ぶと、いつも前の方。

昨年から、マクロビオテイックを始めて、マクロビオテイックの食事で成長期の子供には、
どうなんだろう?という、疑問と不安があった。

その頃、昨年12月、クシ・マクロビオテックアカデミーで、ルチ・バランダ先生の離乳食のセミナーを受講した時、成長期の子供には、塩は控えるように教わった。
塩は、陽性で 成長しようとする力を抑えるからだと知った。

長男の食生活を見返ると、梅干が大好きで、親の目を盗んでは、コンビニで「から梅干」を
買って、おやつに一袋ぺロット食べていた。
口うるさく、少しにするように言ってきたが、もう、目が行き届かない。

ルチ先生のお話を聞いたその夜、長男に聞いてきた話をした。
とにかく、梅干や塩辛いものは、止めようね!と、約束・・・。
子供も身長の事が、気になっていたのか、その日から、
長男は、あんなに好きだった梅干、から梅干をピタッタと止めた。

するとどうでしょう。やめたと同時に、
見る見る背が伸びるでは、ありませんか!!!
不思議!
本当にビックリです。

そして、塩の恐ろしさ!

浸水させずに、すぐ玄米を炊く時に間違えて、先に ほんのひとつまみの塩を入れてしまった時、固く 玄米が炊き上がった時も、塩の持つ 締めるエネルギーをものすごく感じた。

知らないとはいえ、食卓を預かる母親としては、本当に反省でした。
そして、ここでもマクロビオテイックに出会えて、本当に良かったと思いました。

長男の食事で、今、気をつけていることは、塩を控える、青菜を多くとらせるなど。
勿論、基本の玄米ご飯、お味噌汁は、ベースです。

塩は、決して悪者ではありません・・・。
エネルギーを知り、上手に使いましょう。

塩は、ミネラルの豊富な海からの天然の塩がいいですね。

それでは・・・・、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-05-07 09:47
先週末は、長女の運動会。
運動会と言えば、ママは、早朝からお弁当作り。
d0099515_8263599.jpg

今まで、子供のリクエストで、行事の時のお弁当は、
白米にしていたのだけれど、最近は、「白米食べた~い」と
殆ど言わなくなったので、今回は、玄米にしてみたんです。

お弁当の玄米ご飯は、基本時に どんなに早くても
朝から炊きたいので、今回も 朝から圧力鍋で炊飯。
毎回、圧力鍋のピンが、下がったら、おひつへ・・。
そして、少し時間をおいてから、お弁当箱へ・・・。

「おひつ」に入れたご飯って、本当においしくなるんですね~。不思議。
余分な水分などをとってくれんですね。
d0099515_837655.jpg

この「おひつ」は、昨年夏、野沢温泉の朝市で購入。
安かった記憶が・・。でも、お値段忘れました。

家の玄米の好みは、、圧力鍋炊きです。
ふっくら、モチモチ。時間が経っても、柔らかで、お弁当に入れてもGood!
美味しく頂けます。
玄米を炊く時、塩の代わりに 梅干を入れてもGoodですよ~!

今回、運動会のお弁当に玄米ご飯を入れたのは初めて。
子供からの文句は、ありませんでした。ホッ!また、ひとつクリアー。

ナンチャッテから プチマクロ、そして、マクロビオテイックへ・・・・。
ゆっくりだけど、子供達の変化を、毎日、少しずつ感じています。
家族へは、焦らず、ゆっくりと・・・。

それでは、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-04-30 08:57
先日、蒲田にある「G-veggi」マクロビオテイックスクールの1Dayに行って来ました。
テーマは、「美肌のためのマクロビオティック with美肌マクロビオティック・ランチ」。
講師は、小堀真紀子先生&佳子ヴォス先生。

私、何度目かのお肌の曲がり角ですので、とても興味があり、参加させて頂きました。
参加者は、20人。
講義は、「マクロビオテイックの基礎知識」、「お肌の仕組み」から、「お顔の望診」、
「お顔の色、表面の状態」から悪い関連する器官と原因、「しみ、ほくろ、吹き出物」の状態と原因、
「ドライスキンの原因」、そして、「健康な美肌になるためにどうするかなど・・。
そして、講義の後は、美肌に良いランチ。
ランチを食べた後は、気になる部分の望診をして頂いた。
d0099515_12544792.jpg

                  ・ミネラルごはん 生姜あん添え
                  ・レンズ豆と野菜のミネストローネ
                  ・わかめと春菊のパンプキンシード和え
d0099515_12551077.jpg

                  ・はと麦のジュレ

お顔のお肌は、内臓を映し出している事。
肺・腎臓・肺で処理し切れなかった過剰な老廃物は、様々な分泌器官や皮膚を通して
体外へ排出しようとする.
健康とは、排泄機能がうまく働いている事のことで、
排泄とは、便・尿・汗・生理・呼吸(五大排泄)、唾液、粘液などから老廃物を体外へ出すこと。
望診のところでは、お顔の部分部分で、内臓の箇所がきまっていることなどを色々教えて頂いた。

食べるもので、しみ、ほくろ、吹き出物が、出たり、消えたりする事に 本当かな~と、
疑いたくなるところが、実際、私も、10年程前から下唇に突然、大きなホクロみたいなものが出来て、嫌だったんです。
1Dayの後、「下唇にあったホクロが消えているよ!」と、教えてくて
鏡を見ると、ナント!消えているではありませんか!!!スゴイ!

それに、鼻の横にあった飛び出したホクロも 消えかけてきているのです。
このホクロも、突然できたものだったんですヨ!嬉しい~!
最近は、お化粧品も お安いので 全然OK!

マクロビオティツクって、お金がかかると思っていたけれでど、
逆に 無駄なお金を使わないし お野菜や調味料などは、少々高くても 
お肉やお魚なんかも ほとんど買わないから 全体でみると 高くないですね。
最近、気がつきました。

頑張ろうっと!!

それでは・・・・・、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-04-26 12:59
今晩のメニューは、子供の大好きなカレー。
d0099515_22573849.jpg

マクロビオテイックを始めて、1年4ヶ月。

今日のカレーは、どうしてもお肉を使いたくなかったので
マクロビオテイックの調理法で作ることにしました。

最近、気付いてみると、私も、体が お肉、卵、乳製品を欲しがらない体に
変化してきたんですね~。
心も体も軽く、体調も以前より良くなりました。
お肌のキメも細かくなり、毛穴が閉じてきた感じで、お化粧のりもGood!
若返った?!感じです。ホントに・・・。
まだまだナンチャッテ・マクロですが・・・。
子供や主人も、玄米に慣れ、食の好みや甘みの好みも大分 変わってきましたヨ!
家族には、あせらず、家のペースで マクロ食に変えていこうと 思っています。

今日は、お肉を使わないので、「お水」の代わりに「昆布・椎茸だし」と、
「だしに使用した昆布」を入れました。
そして、「長いも」も使ったので、よりとろみがつき、今まで作った野菜だけのカレーの中で
しっくりきて一番美味しかったな~!!
子供達も、美味しい!と、たくさん食べてくれました。
ルーは、市販のものを使用しました。(子供のリクエスト)

「昆布・椎茸だし」と「だしに使用した昆布」を使うと、和風っぽくなるかな?と、
思っていたのですが、コクが出て、美味しかったです。
それに、「昆布」の食感も、なかなgood!
これからは、うちの定番になりそうですネ!

カレーの日は、冷蔵庫の整理が出来て、スッキリ!

<今回の材料>
・かぼちゃ(我が家は、必ず入ります。)
・玉ねぎ
・人参
・長いも
・金時豆
・イエロースピリット豆
・だし汁に使用した昆布
・昆布と椎茸のだし
・市販のカレーのルー
・玄米

皆さんのご家庭のカレーは、どんな味ですか?
隠し味は?
是非、教えて下さい。

それでは・・・・・・、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-04-22 09:46
今日、 「ハナダ・ロッソ」ハナダ式玄米菜食カフェのレセプション・パーティーに
行って来ました。
d0099515_22305159.jpg

デトックスでも有名な花田美奈子先生(ナチュラル・フードプロデューサー)が、
美容と健康にこだわった「本当の美食」をカフェ形式で、お手軽に入れるカフェを
東京都目黒区五本木の駒沢通りに4月21日グランドオープンされます。

花田美奈子先生は、銀座「マキシム・ド・パリ」、六本木「パブ・カーディナル」など、
多くのレストランのプロデュースに携われました。
グルメ三昧で肝臓を壊した事をきっかけに、本当に良い食を広められている方です。

玄米を主として、お野菜をふんだんに使った、色とりどりのお料理。
お腹一杯、頂きましたが、何故か体も軽くスッキリです。

皆さん、是非、足を運んでみてください。

お問い合わせ: 「ハナダ・ロッソ」 TEL&FAX 03-3710-7857
東京都目黒区五本木2-15-12 1F
URL:www.hanada-rosso.net

それでは、皆様・・・・・・、 ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-04-19 22:49
お米の美味しさは、お米自体が美味しいだけではないんですよ!
ていねいな品質管理も、大切なんです。

先日、工場長と社長が、 日本米穀小売商組合連合が主催する
品質管理研修を終え、「品質管理」に関するマニュアルを作成をして、
修了証を頂きました。

これは、確かな品質管理で「新鮮であることは勿論、安心・安全なお米」を
お届けする為の勉強を終了した証です。

d0099515_22525719.jpg


それでは、皆様・・・・、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-04-13 22:54
今回は、「米ぬか」の利用法で、無添加で、低価格、そして、
栄養たっぷりな美容パック&スクラブをご紹介致しましょう。

「米ぬか」は、玄米を精米した時に出る、玄米の皮と胚芽の部分です。
ですから、米ぬかには、栄養がたっぷり入っています。

●「米ぬか」+小麦粉 (植物性たんぱく質)

   1)新鮮な米ぬか6 :小麦粉4 に、水を少し入れ混ぜ合わせます。
   2)目とお口周りを除いて、米ぬかパックをお顔にのせていきます。
     「米ぬか」が、顔から落ちやすいので 気をつけて下さいネ。
     米ぬかが落ちやすいので、目と口をあけたガーゼをかぶせます。
     (ガーゼに米ぬかをのせてから、お顔にのせてもキレイにパックできます。)
     (時間がある時は、横になると、もっとキレイにのせられます。)
    3)10分ほど、時間をおいてください。
    4)米ぬかパックをガーゼでキレイに、お顔からふき取って下さい。
      
      (●スクラブしたい人は、米ぬかパックを少しお顔に残して、
       優しくマッサージして下さい。)
      
      この時、米ぬかを水道に流さないように注意して下さいネ。
      (水質汚濁やつまりの原因になりますので、
       新聞紙などの上に、米ぬかパックを入れ、捨てて下さい。)
    5)ぬるま湯で、お顔をキレイに洗い流します。
    6)化粧水で、整えて下さい。

    敏感肌の方は、パック時間や回数をお肌と相談しながら、調節して下さい。

●「米ぬか」+卵白 (動物性たんぱく質)
  
   1)新鮮な米ぬかに、卵白1個分を混ぜ合わせます。
   2)~6)(米ぬか+小麦粉)の方法と同じ。


●「米ぬか」+ヨーグルト (動物性たんぱく質)

   1)新鮮な米ぬかに、プレーンヨーグルトを混ぜ合わせます。
   2)~6)(米ぬか+小麦粉)の方法と同じ。


私が試してみた感想ですが、どれも、お肌ピカピカになりました。
中でも、卵白が 1番ピカピカになった感じでした。

「米ぬか」は、できるだけ新鮮な物を使いましょう。

他、米ぬかを使った美容法をお知りの方は、是非、教えて下さいネ。
お待ちしております。

それでは、皆様・・・・・、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-03-27 18:34
今回は、お客様に教えて頂いた 米ヌカ利用法②をお教えしましょう♪

筍を湯がく時に、米ヌカを利用するのは、皆様、よくご存知ですよね。
今回は、夏みかんを湯がくのに、使うんですよ~!

<夏みかんジャムの作り方>

材料) ・夏みかん・・・ 皮5個分 (お庭になっている自然の物が、一番美味しいそうです)
     ・夏みかん・・・・中身 1個分
     ・米ヌカ・・・・・・一握り  
     ・白砂糖・・・・・・適量

作りか方) ①夏みかんの皮の白い部分をきれいに取る。
        ②鍋に白い部分を取った皮と米ヌカ一握りと水を入れ、茹でる。
        ③皮が柔らかくなるまで、茹でる。
        ④柔らかくなった皮をちょろちょろ水を出しながら、30分位さらす。
         (ヌカの臭いが移っているので、臭いを消す。)
        ⑤お好みの大きさに皮を刻む。
        ⑥鍋に刻んだ皮とほぐした中身(1個分)、白砂糖(適量)を入れて
         ジャム状になるまで、煮る。
         注)①煮る時、吹き上がりに注意。 
            ②冷めたら硬くなるので、その分を考えて柔らかめで火を止める。
        ⑦容器に入れる。

<ポイント>
      ・自然になっている夏みかんが一番美味しいそうです!
      ・煮る時に、吹き上がるそうですので、ご注意を!
      ・白砂糖が、灰汁が出ず一番良いそうです。   

摘まれないで木になっている夏みかんをよく見かけますね。

教えてくださったお客様は、この時期になると、夏みかんをどっさり頂くそうです。
そして毎年、たくさんこの夏みかんジャムを作って、ご近所の方に
差し上げ、 大変、喜ばれているそうです。

皆様も是非、作ってみて下さいネ!

それでは、皆様、ごきげんよう♪



       
    
# by yamadayakome | 2007-03-22 13:30
皆さん、 「米ヌカ」の利用法をお教えしましょう♪

ヌカは、皆さん お漬物のヌカ漬は、よくご存知ですよね。

それ以外の、おすすめの利用法①をご紹介致しましょう。

使用済みてんぷら油の処理
に利用し、生ゴミで捨てる事が出来ます。

(1)てんぷら油を揚げた後、処理したい時、冷ました油の鍋の中に 
  ヌカをたっぷり入れます。

(2)油とヌカをかき回し、ヌカに油をなじませます。

(3)なじませた油を取り除き、新しいヌカを少し入れ、ペーパーなどで 
   鍋についた油をふき取るように キレイにする。
   そうするこことで、鍋までピカピカになります。

(4)油を吸わせたヌカは、生ゴミに・・・。


この方法なら、油の処理が簡単です。
ヌカも安いですし、是非、お試し下さいね♪

それでは、皆様、ごきげんよう♪
# by yamadayakome | 2007-03-19 08:55